【最新】格安SIM人気シェアランキング【人気おすすめ格安SIMは?】

2018年8月22日~8月30日にかけて、「MMD研究所」によって、「格安SIMの利用動向調査」が実施されました。

調査の対象人数はなんと44,323人!

この調査により、格安SIMの人気シェアが明らかになりました。

どの格安SIMにしようかお悩みの方は、ぜひデータに基づいた当ランキングを参考にお選びください!




【最新】格安SIM人気シェアランキング

順位 格安スマホ シェア
1位 楽天モバイル
公式サイト
23.0%
2位 mineo(マイネオ)
公式サイト
14.8%
3位 UQモバイル
公式サイト
10.3%
4位 OCNモバイルONE
公式サイト
8.5%
5位 IIJmio(みおふぉん)
公式サイト
7.3%
6位 BIGLOBEモバイル
公式サイト
5.8%
7位 イオンモバイル
公式サイト
5.2%
8位 LINEモバイル
公式サイト
3.8%
9位 DMMモバイル
公式サイト
3.6%



1楽天モバイル(シェア23.0%)

料金プラン例

容量 通話SIM データSIM
3.1GB 1,600円 900円
5GB 2,150円 1,450円
10GB 2,960円 2,260円

シェア23.0%と断トツで人気の格安SIMが、楽天モバイルです。

人気の秘密は料金プランの豊富さ。

特に、「データ使い放題」と「10分かけ放題」がセットでお得な「スーパーホーダイプラン」が人気です。

通信速度も快適で、インターネットをストレスなく楽しむことができます。

また、実店舗の数も多く、サポートの質が高いことも楽天モバイルのメリットです。

そして、他の格安SIMにはない一番の特徴が、楽天スーパーポイントがお得に貯まること!

楽天市場でのお買い物ポイントが「+2倍」になるため、例えば1万円の買い物をすると、200ポイント多くもらえるようになります。

楽天ポイントをたくさん貯めたい方は、楽天モバイルで決まりです!

2mineo(マイネオ)(シェア14.8%)

紹介CP

料金プラン例

容量 通話SIM データSIM
3GB 1,510円 900円
6GB 2,190円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円

mineo(マイネオ)は、関西電力グループが提供する格安SIMです。

他の格安SIMにはない独自のサービスが充実しており、特に「フリータンク」というサービスが人気!

フリータンクとは、ユーザー同士でデータ容量を分け合えるサービス。

データ通信の使い過ぎで容量がなくなってしまっても、フリータンクから1GBまで容量を引き出すことができます!

また、mineo(マイネオ)はドコモだけでなく、au・ソフトバンクの回線を選ぶこともできます。

au・ソフトバンクをご利用の方は、mineo(マイネオ)なら今までと同じ通信エリアで使えますよ。

3UQモバイル(シェア10.3%)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,980円
9GB 2,980円
21GB 4,980円

通信速度で選ぶなら、UQモバイルが一番おすすめ!

格安SIMは、平日昼間や夕方など、回線が混み合う時間帯は通信速度が遅くなってしまうというデメリットがあります。

しかし、UQモバイルはauのサブブランドですので、auと同じように快適な通信速度で利用できます。

いつでもどこでも快適にインターネットを利用したい方は、UQモバイルをお選びください。



ベスト3を徹底比較!一番おすすめの格安SIMは?

格安SIMの人気シェアは、「楽天モバイル」「mineo(マイネオ)」「UQモバイル」のベスト3で48.1%と、ほぼ半分を占めます。

この3つのどれかを選べば間違いありませんが、料金や特徴を徹底比較して、あなたに一番おすすめの格安SIMをご提案します。

一番おすすめの格安SIMはmineo(マイネオ)

一番おすすめの格安SIMは、mineo(マイネオ)です!

まず、mineo(マイネオ)はドコモ・au・ソフトバンクから、使いたい回線を選ぶことができます。

今お使いのキャリアと同じ回線であれば、端末も通信エリアもそのままで利用できます。

そのため、同じ回線を利用する格安SIMを選ぶのがおすすめですが、楽天モバイルはドコモ、UQモバイルはauの回線しか選べません。

mineo(マイネオ)なら3大キャリアすべての回線を選べるので、どなたでも今までと同じように利用することができますよ。
 

また、mineo(マイネオ)には「フリータンク」という独自のサービスがあります。

フリータンクとは、ユーザー同士で通信容量を分け合えるサービス。

ネットの使い過ぎで容量がなくなってしまっても、フリータンクから容量を1GBまで無料で引き出すことができます。

楽天モバイルもUQモバイルも、容量がなくなったら通信制限されたまま我慢するか、追加で容量を購入するしかありません。

mineo(マイネオ)なら通信制限を気にせずに、インターネットを楽しむことができますよ。
 

料金も楽天モバイルと同じぐらいで、UQモバイルよりお得に利用できます。

通信速度も快適で、格安SIMの顧客満足度調査で第1位!

2018年11月6日(火)まで、月額料金が6カ月間977円割引される超お得なキャンペーンも開催中!

ぜひこの機会にmineo(マイネオ)に乗り換えて、スマホ代を賢く節約しましょう!

通信速度で選ぶならUQモバイルがおすすめ

一番おすすめの格安SIMは「mineo(マイネオ)」ですが、一つだけデメリットがあります。

それは、平日昼間(12:00~13:00)の通信速度が遅くなってしまうことです。

mineo(マイネオ)は「MVNO」と呼ばれ、ドコモ・au・ソフトバンクの回線の一部を借りて、格安SIMのサービスを提供しています。

回線の量に限りがあるため、ネットのアクセスが集中するお昼休みは、通信速度が遅くなってしまいます。

ニュースやSNSをチェックするぐらいなら問題ありませんが、動画を見たり、アプリをダウンロードしたりするのは厳しいです。

しかし、UQモバイルはauの「サブブランド」ですので、通信速度はいつでも安定して快適です。

「UQモバイルは最速の格安SIM」とも言われるぐらいですので、いつでも快適な通信速度で楽しみたい方は、UQモバイルをお選びください。

楽天ポイントを貯めるなら楽天モバイルがおすすめ

人気シェアNo.1の楽天モバイルですが、ユーザーのほとんどが楽天ポイント目当てかと思います。

楽天モバイルを契約すると、楽天ポイントが「+2倍」貯まるようになるため、楽天でお買い物をすればするほどお得に!

料金やサービスは正直普通の格安SIMですが、楽天モバイルを貯めたい方は楽天モバイルをお選びください。

人気シェアベスト3比較表

楽天モバイル mineo UQモバイル
料金
速度
サポート
利用回線 ドコモ ドコモ・au・ソフトバンク au
特徴 楽天ポイントが貯まる 顧客満足度No.1 通信速度が最速
公式サイト 楽天モバイル mineo UQモバイル



ランキング4位以降もチェック

4OCNモバイルONE(シェア8.5%)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,800円 1,100円
6GB 2,150円 1,450円
10GB 3,000円 2,300円

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

メリットの一つが、全国86,000カ所のWi-Fiスポットを無料で使えること!

他の格安SIMですと、Wi-Fiスポットは有料オプションであることが多いのですが、OCNモバイルONEなら無料です。

>>>OCNモバイルONEのWi-Fiスポット利用可能エリア

また、対象の音楽配信サービスがカウントフリーになる、「MUSICカウントフリー」も無料です。

Amazon Music」や「レコチョク Best」など、スマホで音楽を思いっきり楽しみたい方にもおすすめです。

>>>OCNモバイルONE「MUSICカウントフリー」について

そして一番のメリットが、端末代金が安いこと!

機種によっては、スマホを他社よりも1万円以上安く購入できる場合もあります。

格安SIMと一緒にスマホも新しく買い替えたいという方は、端末代金がお得なOCNモバイルONEをお選びください。

5IIJmio(みおふぉん)(シェア7.3%)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,600円 900円
6GB 2,220円 1,520円
12GB 3,260円 2,560円

法人利用も多い高品質な格安SIM

IIJmio(みおふぉん)は、IIJという法人向けにインターネットサービスを提供する企業が運営しています。

技術力とサービスの品質が高く評価されており、業界では大きな信頼を集めています。

2008年からMVNOのサービスを手掛けており、格安SIMの品質も高く安心です。

6BIGLOBEモバイル(シェア5.8%)

【BIGLOBEモバイル】特典総額 最大16,400円(~2018年9月30日)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,600円 900円
6GB 2,150円 1,450円
12GB 3,400円 2,700円

エンタメフリーで動画・音楽好きなだけ!

スマホで動画・音楽を思いっきり楽しみたい方に、BIGLOBEモバイルはおすすめです。

月額480円で、YouTubeやAbemaTVなどの人気コンテンツがなんと容量無制限!

動画を見てるとすぐに容量がなくなってしまいますが、エンタメフリーなら速度制限を気にすることなく楽しめますよ。

7イオンモバイル(シェア5.2%)

料金プラン例

通話SIM データSIM
4GB 1,580円 980円
6GB 1,980円 1,480円
12GB 3,280円 2,680円

全国のイオン200店舗でサポートを受けられる!

格安SIMは実店舗がほとんどないので、サポート面で心配な方も多いかと思います。

そんな方にはイオンモバイルがおすすめ!

全国のイオン200店舗でサポートを受けられます!

8LINEモバイル(シェア3.8%)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,690円 1,110円
5GB 2,220円 1,640円
10GB 3,220円 2,640円

LINEもSNSも使い放題!LINE ID検索ができる!

LINEモバイルは、LINE・Facebook・Twitter・Instagramがデータ消費ゼロで使い放題!

SNSの利用が多い方におすすめです。

また、他の格安SIMではできない、LINEのID検索も可能!

>>>格安SIMでLINE ID検索ができない理由と対策方法

スマホでLINE ID検索ができないと困るという方は、LINEモバイル一択です。

9DMMモバイル(シェア3.6%)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,500円 850円
5GB 1,910円 1,210円
10GB 2,890円 2,190円

少しでも安く利用したい方におすすめ!

DMMモバイルは、業界最安値のプランが多数あり、スマホ代を少しでも安く抑えたい方におすすめです。

実店舗は一切なし、コストを極限まで抑えることで、品質を落とさずに最安値を実現しています。



一番おすすめの格安SIMはmineo(マイネオ)

紹介CP

料金プラン例

容量 通話SIM データSIM
3GB 1,510円 900円
6GB 2,190円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円

一番おすすめの格安SIMは、mineo(マイネオ)です!

人気シェアNo.1の楽天モバイルは、楽天ポイントを貯めたい方にはおすすめですが、そうでない方には特にメリットがありません。

mineo(マイネオ)なら、ドコモ・au・ソフトバンクから回線を選べて、フリータンクなどの独自のサービスが充実しています。

顧客満足度No.1!2018年11月6日(火)まで、超お得なキャンペーンも開催中!

ぜひこの機会に、mineo(マイネオ)でスマホ代を賢く節約しましょう!

関連記事

  1. 格安SIM 料金比較2018【容量別の最安値が一目でわかる!料金比較表…

  2. 格安スマホはシニアにもおすすめ!84歳の祖母がスマホデビューした話

  3. LINEのID検索ができるLINEモバイルとワイモバイルはどちらがおす…

  4. 格安スマホのデータ容量1GB以下の料金プランを徹底比較!おすすめは?

  5. 格安SIMを家族でシェアしたい!家族におすすめの格安SIMを徹底比較!…

  6. 【日経電子版+SIM】就活におすすめの格安SIM!メリット・デメリット…

格安SIMランキング

PAGE TOP