格安SIMスーパーランキング2018【ワンランク上の格安SIMだけを厳選】

格安SIMに乗り換えると、月々のスマホ代を5,000円節約することもできます。

でも、色々な格安SIMがあり過ぎて、結局どこがいいのかわからなくなりますよね。

そこで、20枚の格安SIMを実際に契約してわかった、超おすすめの格安SIMをランキングでご紹介します。

料金が安くて通信速度が速いのは当たり前、独自のサービスや特徴が魅力的なワンランク上の格安SIMだけを厳選しております。

すべて間違いない格安SIMですので、ぜひ当ランキングから、自分に合った格安SIMをお選びください。

格安SIMおすすめランキング2018

順位 格安スマホ会社 おすすめポイント
1位 mineo(マイネオ)
公式サイトをみる
総合満足度No.1!ユーザーに嬉しいサービスが充実!
2位 OCNモバイルONE
公式サイトをみる
端末が安い!スマホセットなら一番おすすめ!
3位 LINEモバイル
公式サイトをみる
LINEのID検索ができる!主要SNSが使い放題!
4位 Y!mobile(ワイモバイル)
公式サイトをみる
ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い!
5位 BIGLOBEモバイル
公式サイトをみる
YouTubeも見放題になるエンタメフリーがおすすめ!
6位 LinksMate(リンクスメイト)
公式サイトをみる
ゲームの通信量が90%以上OFF!連携特典もあり!
7位 楽天モバイル
公式サイトをみる
楽天ポイントが貯まる!楽天会員におすすめ!

1 mineo(マイネオ)

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,600円 900円
6GB 2,280円 1,580円
10GB 3,220円 2,520円

mineo(マイネオ)は、「MMD研究所」によって実施された「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」で、総合満足度No.1を獲得した格安SIMです。

mineo(マイネオ)のおすすめポイントは、ユーザーに嬉しい独自のサービスが充実していることです。

中でも特に、ユーザー同士で容量をシェアできる「フリータンク」は、他の格安SIMにはない最高のサービスです。

mineo(マイネオ)は、データ通信容量が余っても翌月まで繰り越すことができますが、それでも使い切れなかった容量をフリータンクに入れることができます。

フリータンクには、こうしてユーザーから集められた容量が貯まっており、逆にデータ通信容量が足りなくなってしまった時は、フリータンクから容量を1GBまで引き出すことができます。

他の格安SIMですと、ネットの使い過ぎで容量がなくなってしまったら、容量を追加購入するか、速度制限されたまま我慢するしかありません。

しかし、mineo(マイネオ)ならフリータンクから1GBまで無料で引き出すことができるので、そのようなストレスから解放されます。

容量を使い過ぎてピンチの時に大助かりのサービスで、誰でも簡単に利用できるので本当におすすめです。
 

その他にも、独自のコミュニティサイト「マイネ王」や、高速通信のON/OFF切り替えを簡単にできる「mineoスイッチ」など、ユーザーにとって便利で嬉しいサービスが充実しています。

もちろん料金もお得で通信速度も快適、ドコモ回線のプランだけでなくau回線のプランもあり、動作確認済みの端末の数も非常に多いです。

ちなみに、mineo(マイネオ)はiPhone利用者シェアNo.1の格安SIMでもあります。
 

今なら超お得なキャンペーンも実施中で、2018年5月8日(火)までのお申し込みで、月額料金が6カ月間、毎月900円も割引されます。

キャンペーン適用で、500MBプランが月額410円、人気の3GBプランも月額610円と破格の安さで利用できるので、ぜひこの機会にmineo(マイネオ)をお申し込みください♪

2OCNモバイルONE

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,800円 1,100円
6GB 2,150円 1,450円
10GB 3,000円 2,300円

格安SIMと一緒にスマホも新しく買い替えたいという方には、OCNモバイルONEが一番おすすめです。

OCNモバイルONEでスマホセットを契約すると、端末代金が大幅に安くなります。

機種によっては、他の格安スマホ会社よりも1万円以上安く購入できる場合もあり、スマホセットが圧倒的にお得です。

人気機種の販売価格比較

機種名 OCNモバイルONE mineo(マイネオ) LINEモバイル
HUAWEI
nova lite 2
8,800円 22,800円 25,980円
ASUS
ZenFone 4 Max
9,800円 25,800円
AQUOS
sense liteSH-M05
11,800円 33,000円 33,800円
ASUS
ZenFone 4
39,800円 56,400円

※2018年3月21日時点の販売価格(税抜)
 

格安SIMとしても、NTTコミュニケーションズが運営しており、サービスの質も高く安心して利用できます。

月額料金もお得で通信速度も快適ですので、格安SIMとスマホをセットでご検討中の方は、ぜひOCNモバイルONEをお選びください。

3LINEモバイル

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,690円 1,110円
5GB 2,220円 1,640円
10GB 3,220円 2,640円

LINEモバイルは、LINEのID検索ができるただ一つのMVNOです。

LINEでID検索をするには、18歳以上であることを確認する必要がありますが、格安SIMではLINEの年齢認証ができません。

その理由は、LINEの年齢認証が、大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のマイページ情報と連動して行うからです。

LINEが運営するLINEモバイルなら、お客様情報から年齢認証が可能ですので、LINE ID検索も利用できます。
 

LINEモバイルのもう一つのメリットは、LINE・Facebook・Twitter・Instagramが使い放題になることです。

LINEモバイルには「カウントフリー」という機能があるため、SNSのデータ通信量がカウントされません。

そのため、容量の節約にもなりますし、速度制限されてもSNSは高速通信のまま利用し続けることができます。

LINEモバイルは、格安SIMでLINEのID検索を利用したい方や、SNSの利用が多い方におすすめです。

4Y!mobile(ワイモバイル)

料金プラン例

容量 月額料金
プランS 2GB 1,980円
プランM 6GB 2,980円
プランL 14GB 4,980円

格安SIMには「MVNO」「サブブランド」の2種類がありますが、サブブランドならワイモバイルがおすすめです。

サブブランドのメリットは、平日昼間(12:00~13:00)や夕方(18:00~19:00)など、回線が混み合うでも通信速度が安定していることです。

回線が混み合うと、MVNOは動画視聴やアプリダウンロードなどが厳しくなってしまいますが、サブブランドなら快適です。

料金はMVNOの方がお得ですが、お昼休みや帰りの電車の中でも、スマホで動画を楽しみたいというような方は、サブブランドの方がおすすめです。
 

サブブランドの格安SIMは、ワイモバイルとUQモバイルの2社がありますが、UQモバイルより、ワイモバイルの方がおすすめです。

ワイモバイルもUQモバイルも、月額料金はまったく同じですが、ワイモバイルは10分かけ放題でLINEのID検索も可能です。

それに対してUQモバイルは、5分かけ放題でLINEのID検索はできませんので、同じ料金ならワイモバイルの方がいいですよね。

通信速度についても、UQモバイルが最速と言っているサイトもありますが、当サイトで実際に調査したところ、ワイモバイルもUQモバイルも同じぐらいの速度です。

UQモバイルが最速と言っているサイトは、自分で測定調査をしていないか、何らかの理由でUQモバイルを売りたいかのどちらかだと思います。

ただ、ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはau回線と同じ通信エリアとなるため、auしか電波が入らないという方はUQモバイルをお選びください。

そうでない方は、サブブランドの格安SIMで選ぶなら、ワイモバイルがおすすめです。

5BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】最大15,600円キャッシュバック!(2018年4月1日まで)※3月20日より増額

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,600円 900円
6GB 2,150円 1,450円
12GB 3,400円 2,700円

BIGLOBEモバイルのおすすめポイントは、「エンタメフリー・オプション」で、YouTubeなどの動画・音楽コンテンツを容量無制限で視聴できることです。

エンタメフリー・オプションは、月額480円で追加できるサービスで、YouTubeやAbemaTVなど、主要な動画・音楽コンテンツはほとんど対象です。

エンタメフリー・オプションの対象サービス

YouTubeGoogle Play MusicApple MusicAbemaTVSpotifyAWAradiko.jpAmazon MusicU-NEXTYouTube Kids
 

動画や音楽はデータ通信の消費量が非常に大きいので、あっという間に速度制限にかかってしまった経験がある方も多いかと思います。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションに加入すれば、速度制限を気にせず思いっきり楽しむことができますし、容量も大幅に節約できます。

そのため、スマホでYouTubeなどを視聴するのが好きな方には、BIGLOBEモバイルが一番おすすめです。

6LinksMate(リンクスメイト)

料金プラン例

通話SIM データSIM
1GB 1,100円 500円
5GB 2,100円 1,500円
10GB 3,100円 2,500円

オンラインゲームが好きな方は、リンクスメイトがおすすめです。

リンクスメイトは、グランブルーファンタジーやシャドウバースなどの人気ゲームを配信する「Cygames」のグループ企業が運営する格安SIMです。

そのため、リンクスメイトにしかできない、オンラインゲームをプレイするのに嬉しいサービスが2つあります。

一つは月額500円の「カウントフリーオプション」で、対象ゲーム・コンテンツ・SNSの通信量が90%以上OFFになります。

しかも、低速状態でもカウントフリー対象サービスは高速通信のまま楽しむことができるので安心です。

もう一つは、ゲーム連携特典として、対象ゲームで使えるアイテムなどのプレゼントをもらえることです。

リンクスメイトにしかできないとても嬉しいサービスですので、オンラインゲームが好きな方に一番おすすめの格安SIMです。

7楽天モバイル

料金プラン例

通話SIM データSIM
3GB 1,600円 900円
5GB 2,150円 1,450円
10GB 2,960円 2,260円

楽天カードをお持ちの方や、楽天市場でよくお買い物をされる方には、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの一番のメリットは、やはり楽天スーパーポイントがお得に貯まることです。

楽天モバイルの利用料金の1%がポイント還元されるだけでなく、楽天市場でのお買い物ポイントが+1倍になります。

楽天カードで決済すれば、カード決済時にさらに1%のポイントが付くなど、楽天のサービスを利用すればするほどポイントが貯まりやすくなります。
 

実は私も、初めて契約した格安SIMが楽天モバイルなのですが、その理由は楽天カードを持っているからというだけでした。

しかし、20枚の格安SIMを契約している今でも、メインで利用しているのは楽天モバイルです。

その理由は、ポイントが貯まるのはもちろん嬉しいのですが、それ以上に通信速度も快適で問題なく利用できているのが大きいです。

もう1年半以上利用していますが、月々のスマホ代が半額以下になって、まったく不便なく使えているので大満足です。

楽天ポイントを貯めている方は、あれこれ比較せずに楽天モバイルに決めてしまっても全然いいと思います。

超おすすめ格安SIMベスト7

順位 格安スマホ会社 おすすめポイント
1位 mineo(マイネオ)
公式サイトをみる
総合満足度No.1!ユーザーに嬉しいサービスが充実!
2位 OCNモバイルONE
公式サイトをみる
端末が安い!スマホセットなら一番おすすめ!
3位 LINEモバイル
公式サイトをみる
LINEのID検索ができる!主要SNSが使い放題!
4位 Y!mobile(ワイモバイル)
公式サイトをみる
ソフトバンクのサブブランドで通信速度が速い!
5位 BIGLOBEモバイル
公式サイトをみる
YouTubeも見放題になるエンタメフリーがおすすめ!
6位 LinksMate(リンクスメイト)
公式サイトをみる
ゲームの通信量が90%以上OFF!連携特典もあり!
7位 楽天モバイル
公式サイトをみる
楽天ポイントが貯まる!楽天会員におすすめ!

関連記事

  1. 格安SIM満足度ランキング2018【トップ3は80%以上のユーザーが満…

  2. 格安SIMでも口座振替OK!クレカ不要のおすすめ格安SIM 4選

  3. 格安SIMを家族でシェアしたい!家族におすすめの格安SIMを徹底比較!…

  4. 格安SIMのデータ容量3GB前後の料金プランを徹底比較!おすすめは?

  5. 【日経電子版+SIM】就活におすすめの格安SIM!メリット・デメリット…

  6. 格安スマホのデータ容量1GB以下の料金プランを徹底比較!おすすめは?

PAGE TOP