楽天モバイルを解約したくなったら?違約金や最低利用期間などの注意点

楽天モバイルを契約する前に、解約する時の違約金や最低利用期間などの注意点を知っておきましょう。

楽天モバイルを万が一解約したくなってしまった時にトラブルにならないよう、契約する前に知っておきたい解約時の注意点をまとめました。

楽天モバイルを解約する時にかかる費用は?

楽天モバイル解約画面

楽天モバイルの最低利用期間と契約解除料

楽天モバイルは、通話SIMに最低利用期間が設定されており、開通月を1カ月目として12カ月目までに解約してしまうと、違約金として9,800円の契約解除料が発生します。

データSIMと050データSIMには最低利用期間がなく、いつでも違約金なしで解約できます。

大手通信キャリアの2年契約の場合、2年経つと2カ月間の更新期間となり、その期間は違約金なしで解約することができます。

しかし、更新期間を過ぎてしまうと、事前の告知もなしに新たな2年契約が始まる「自動更新」システムとなっています。

それゆえに、いつの間にか2年契約が更新されて、解約するタイミングを失ってしまう方が多く、「2年縛り」なんていう表現がされています。

そのため、2年縛りで実際にトラブルも多く発生していますが、楽天モバイルは契約が自動更新されることはありません。

最低利用期間を過ぎれば、いつ解約しても契約解除料は0円ですのでご安心ください。

MNPで他社に乗り換える場合は「MNP転出手数料」も必要

楽天モバイルからMNPを利用して、電話番号そのままで他社に乗り換える場合は、「MNP転出手数料」として3,000円がかかります。

つまり、楽天モバイルを最低利用期間内に解約すると、契約解除料と合わせて12,800円の費用が必要です。

実は楽天モバイルに限らず、他の格安スマホ会社や大手通信キャリアでも、2,000~3,000円のMNP転出手数料が必要なところがほとんどです。

公式サイトを見ても、契約解除料は明記されているのに、MNP転出手数料については書かれていないこともあり、意外な盲点となっています。

「最低利用期間も違約金もなし」と言いながら、MNP転出手数料として約1万円かかるような格安SIMもありますので、十分にご注意ください。

楽天モバイルの最低利用期間と解約費用まとめ

通話SIM 050データSIM データSIM
最低利用期間 12カ月 なし なし
契約解除料 12カ月以内: 9,800円
13カ月目以降: 0円
なし なし
MNP転出手数料 3,000円

※税抜き価格。

長期契約割引では契約解除料も高くなるので注意

楽天モバイルには、最低利用期間を2年・3年に延ばすことで、最大20,000円が割引される「長期優待ボーナス」という特典もあります。

「スーパーホーダイ」を新規でご契約される方が対象で、端末もセットで契約すると端末代金が最大20,000円割引、SIMのみのご契約でも最大20,000円相当の楽天スーパーポイントがもらえます。

そのため契約する時はかなりお得ですが、最低利用期間内に解約する時の契約解除料も高くなってしまうのでご注意ください。

スーパーホーダイ長期優待ボーナスの特典と契約解除料をまとめたのがこちらです。

最低利用期間 端末セット購入 SIMのみ契約 契約解除料
3年 端末代金が20,000円割引 20,000円相当のポイント付与 1年目: 29,800円
2年目: 19,800円
3年目: 9,800円
2年 端末代金が10,000円割引 10,000円相当のポイント付与 1年目: 19,800円
2年目: 9,800円

※MNPで他社に乗り換える場合は、3,000円のMNP転出手数料も必要です。

楽天モバイル スーパーホーダイ

長期優待ボーナス

楽天モバイルを解約する時のその他の注意点

SIMカードの返却が必要

楽天モバイルを解約したら、SIMカードを楽天モバイルに返却する必要があります。

配送料はお客様負担となりますが、小さくて軽いSIMカードは封筒にも入るので、費用はそこまで気にならないかと思います。

それよりも面倒くさいと思われた方が多いと思いますが、他の格安スマホでもSIMカードの返却が必要な場合がほとんどですので、これは受け入れるしかありません。

SIMカードの返却先は申込種別によって異なり、以下の2カ所となっております。

申込種別 SIMカード返却先
006・007 〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
「楽天モバイル SIM返却係」
008・009 〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
「物流センターSIM返却係」

解約締日は毎月15日

解約締日は毎月15日となっておりますので、当月内で解約したい場合はその月の15日までに申請をする必要があります。

15日までに解約申請をした場合は当月末日、16日以降に申請した場合は翌月末日での解約となり、利用料金の日割計算はありません。

例えば、3月1日~3月15日までに解約申請をすると3月31日、3月16日~4月15日までに解約申請すると4月30日で解約となります。

MNP転出による解約の場合は、転出先との契約が成立した時点で楽天モバイルも解約となります。

そのため解約日が末日とは限りませんが、この場合も最終月の日割計算はなく、1カ月分の利用料金が発生しますのでご注意ください。

楽天モバイルの解約方法

MNPで他社に乗り換える場合

MNPを利用して、電話番号そのままで他社に乗り換える場合は、楽天モバイルで「MNP予約番号」を取得します。

MNP予約番号は、楽天モバイルのマイページ「メンバーズステーション」から、ネットで簡単に取得することができます。

メンバーズステーションにログインし、「登録情報・設定変更」メニュー内の、「MNP予約番号発行・確認」から取得します。

MNP予約番号を持って転出先の申し込み手続きを行い、転出先との契約が成立すると楽天モバイルも自動的に解約されるので、楽天モバイルで必要な手続きはMNP予約番号の取得のみで大丈夫です。

MNPを利用せずに解約する場合

まず、データSIMか050データSIMを解約する場合は、MNP予約番号の発行と同じく、「メンバーズステーション」からネットで手続き可能です。

「登録情報・設定変更」メニュー内の、「楽天モバイル解約申請」から簡単に解約することができます。

通話SIMを解約する場合は、電話での解約手続きとなります。

楽天モバイルに登録している情報(氏名・連絡先電話番号・住所)と、楽天モバイルで利用している電話番号を用意して、楽天モバイルカスタマーセンターまで電話をかけます。

楽天モバイルカスタマーセンター

0800-600-4444
通話料無料/携帯電話・PHSからもOK
受付時間 : 9:00 – 18:00 年中無休
 

楽天モバイルカスタマーセンターに電話をかけると、スマホの画面に以下の「お問い合わせメニュー」が表示されます。

この画面で、9番の「サービスの解約・携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)での他社への転出」をタップします。


楽天モバイル解約電話手続き1


解約手続きの方法や注意点が記載されておりますが、通話SIMを解約する方は下へスクロールし、「電話で問い合わせる」をタップします。


楽天モバイル解約電話手続き2


そうすると楽天モバイルカスタマーセンターに電話がつながり、自動音声が流れますので、「3(音声SIMの解約に関するお問い合わせ)」を選択します。

それでもまだつながらず、最低利用期間や契約解除料の説明が自動音声で流れますが、「5」を選択するとオペレータにつながります。

電話では解約理由を聞かれたり、引き留められたりすることもありますが、「解約したい」とはっきり伝えて、解約手続きをスムーズに進めましょう。

楽天モバイルの解約のポイントまとめ

  • 通話SIMは12カ月の最低利用期間があり、9,800円の契約解除料が発生する。
  • 長期優待ボーナスの契約解除料は、3年契約で最大29,800円、2年契約で最大19,800円。
  • 2年縛りのような自動更新はなく、最低利用期間を過ぎればいつでも契約解除料はなし。
  • MNPで他社に乗り換える場合は、契約解除料とは別に3,000円のMNP転出手数料もかかる。
  • 通話SIMのMNP転出とデータSIMの解約は、ネットで簡単に手続きできる。
  • 通話SIMをMNPを利用せずに解約する場合は、電話での解約手続きとなる

関連記事

  1. 楽天モバイルのリアルな評判は?ユーザーに直接聞いた口コミを紹介

  2. 楽天モバイルの通信速度を徹底調査【東京・横浜・福岡での測定結果】

  3. 楽天モバイル料金比較!スーパーホーダイと組み合わせプランはどちらがおす…

  4. 【楽天モバイル】楽天会員におすすめ!メリット・デメリットまとめ

  5. 楽天モバイル「スーパーホーダイ」をワイモバ・UQの料金プランと比較

  6. 楽天モバイルからのMNP転出は簡単!ただし手数料と有効期限に注意!

PAGE TOP