楽天モバイル「スーパーホーダイ」をワイモバ・UQの料金プランと比較

楽天モバイル「スーパーホーダイ」料金

出典: 楽天モバイル公式サイト
 

楽天モバイルの料金プラン「スーパーホーダイ」は、完全に「ワイモバイル」と「UQモバイル」に対抗してできたプランです。

3社ともまったく同じ容量でまったく同じ料金のプランですが、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」には、「通信速度最大1Mbps使い放題」という特徴があります。

「楽天モバイル」と「ワイモバイル」と「UQモバイル」のプラン内容や特徴を比較して、どこが一番おすすめなのかわかりやすく解説します。

UQモバイルよりワイモバイルの方がおすすめ

まず、UQモバイルとワイモバイルを比較すると、ワイモバイルの方がおすすめです。

UQモバイルとワイモバイルの比較表

UQモバイル ワイモバイル
月額料金
(1年目)
プランS(2GB): 1,980円
プランM(6GB): 2,980円
プランL(14GB): 4,980円
月額料金
(2年目)
プランS(2GB): 2,980円
プランM(6GB): 3,980円
プランL(14GB): 5,980円
月額料金
(3年目以降)
プランS(1GB): 2,980円
プランM(3GB): 3,980円
プランL(7GB): 5,980円
契約期間 2年
接続回線 au ソフトバンク
かけ放題 5分かけ放題 10分かけ放題
LINE ID検索 ×

※価格は税別表記。

ワイモバイルは10分かけ放題でLINE ID検索も可能

月額料金と契約期間はどちらも同じですが、UQモバイルが「5分かけ放題」なのに対して、ワイモバイルは「10分かけ放題」です。

同じ料金なら、かけ放題の時間が長い「ワイモバイル」の方がお得ですよね。

また、ワイモバイルはLINEのID検索を利用することができますが、UQモバイルは利用できません。

LINEでID検索をするには年齢認証が必要ですが、LINEの年齢認証は大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のシステムと連動して行います。

ワイモバイルは、ソフトバンクと同じシステムを利用しているためLINEの年齢認証が可能ですが、UQモバイルや他の格安SIMではLINEの年齢認証ができず、ID検索を利用することができません。

LINEのID検索は、遠くにいる友人をLINEの連絡先に追加するのに便利ですので、同じ料金ならID検索も利用できるワイモバイルの方がおすすめです。

ちなみに、ワイモバイル以外の格安SIMでは、LINEモバイルもLINEのID検索を利用できます。

LINEモバイルは、ワイモバイルよりも料金がお得で、LINEアプリをデータ消費ゼロで利用できるというメリットもあります。

MVNOの格安SIMですので、平日昼間の通信速度は遅くなってしまいますが、それでも問題ないという方にはLINEモバイルの方がおすすめです。

ワイモバイルと楽天モバイルはどっちがおすすめ?

ワイモバイルと楽天モバイルを比較すると、どちらもメリットとデメリットがあるため、どちらの方がおすすめかは人それぞれです。

ワイモバイルと楽天モバイルの比較表

ワイモバイル 楽天モバイル
月額料金
(1年目)
プランS(2GB): 1,980円
プランM(6GB): 2,980円
プランL(14GB): 4,980円
月額料金
(2年目)
プランS(2GB): 2,980円
プランM(6GB): 3,980円
プランL(14GB): 5,980円
月額料金
(3年目以降)
プランS(1GB): 2,980円
プランM(3GB): 3,980円
プランL(7GB): 5,980円
プランS(2GB): 2,980円
プランM(6GB): 3,980円
プランL(14GB): 5,980円
契約期間 2年 1年
接続回線 ソフトバンク ドコモ
かけ放題 10分かけ放題 5分かけ放題
LINE ID検索 ×
混雑時の速度 快適 遅い
低速時の速度 非公開 最大1Mbps

※価格は税別表記。

通信速度が安定しているのはワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクが運営する格安スマホであるため、平日昼間や夕方など、MVNOの格安SIMの通信速度が遅くなる時間帯でも快適にインターネットを利用することができます。

楽天モバイルでも普段は快適に利用できますが、回線が混み合うと通信速度が低下し、動画再生やアプリダウンロードは厳しくなってしまいます。

そのため、いつでも快適な通信速度でインターネットを利用したい方は、ワイモバイルの方がおすすめです。

また、ワイモバイルは10分かけ放題でLINEのID検索もできるため、1回の通話時間が5分以上の方やLINEのID検索を利用したい方も、ワイモバイルをお選びください。

楽天モバイルは最大1Mbpsで通信し放題

楽天モバイル「スーパーホーダイ」の大きなメリットは、月間の高速通信容量を使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でインターネットを利用できることです。

1Mbpsの通信速度があれば、YouTubeの動画再生ができるぐらいのレベルで、LINEやメールのやり取りや、SNSやネットニュースの閲覧など、たいていのことは問題なくできます。

そのため、自宅ではWi-Fiを利用できる方や、普段から高速通信を必要としない方には、楽天モバイル「スーパーホーダイ」の方がおすすめです。

ただし、回線が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は、最大300kbpsの速度に制限されてしまいますのでご注意ください。

3年目以降の料金と契約期間について

ワイモバイルは、3年目以降のプランのデータ容量が半分になってしまいますが、楽天モバイルはそのままです。

しかし、ワイモバイルは契約期間が2年ですので、2年たったら別の格安SIMに乗り換えるなどすれば回避することも可能です。

楽天モバイルの契約期間(最低利用期間)は1年で、1年たてば楽天モバイルの「組み合わせプラン」に変更したり、他の格安SIMに乗り換えたりしても違約金はかかりません。

ワイモバイルも楽天モバイルも1年目の料金はお得ですが、月額料金が1,000円高くなる2年目以降は、あまりお得ではありません。

そのため、楽天モバイルを契約する場合は、1年目だけ「スーパーホーダイ」で利用して、2年目からは「組み合わせプラン」に変更するのがおすすめです。

組み合わせプランは「通信速度最大1Mbps使い放題」ではありませんが、「5分かけ放題」は月額850円でオプションとして付けることができます。

スーパーホーダイの2年目以降の料金よりも、組み合わせプランに5分かけ放題を付けた料金の方がお得ですので、この方法をおすすめします。

楽天モバイル・ワイモバイル・UQモバイル比較表

※スマートフォンでご覧の方は、画面を横向きにすると見やすくなります。

楽天モバイル ワイモバイル UQモバイル
月額料金
(1年目)
プランS(2GB): 1,980円
プランM(6GB): 2,980円
プランL(14GB): 4,980円
月額料金
(2年目)
プランS(2GB): 2,980円
プランM(6GB): 3,980円
プランL(14GB): 5,980円
月額料金
(3年目以降)
プランS(2GB): 2,980円
プランM(6GB): 3,980円
プランL(14GB): 5,980円
プランS(1GB): 2,980円
プランM(3GB): 3,980円
プランL(7GB): 5,980円
契約期間 1年 2年
接続回線 ドコモ ソフトバンク au
かけ放題 5分かけ放題 10分かけ放題 5分かけ放題
LINE ID検索 × ×
混雑時の速度 遅い 快適
低速時の速度 最大1Mbps 非公開 最大300kbps

※価格は税別表記。

楽天モバイル公式サイト

ワイモバイル公式サイト

UQモバイル公式サイト

関連記事

  1. 楽天モバイルからのMNP転出は簡単!ただし手数料と有効期限に注意!

  2. 楽天モバイルのAPN設定と初期設定の方法をわかりやすく解説

  3. 【楽天モバイル】楽天会員におすすめ!メリット・デメリットまとめ

  4. 楽天モバイルを解約したくなったら?違約金や最低利用期間などの注意点

  5. 楽天モバイルのリアルな評判は?ユーザーに直接聞いた口コミを紹介

  6. 楽天モバイル料金比較!スーパーホーダイと組み合わせプランはどちらがおす…

PAGE TOP