nuroモバイルには、データ通信を使い過ぎて容量が足りなくなってしまっても、翌月分の容量を先に使うことができる「データ前借り」というサービスがあります。

通常は容量が足りなくなると、追加で容量を購入する必要がありますが、追加容量は高額で、nuroモバイルでも100MBで400円もかかります。

翌月分のデータ容量を前借りできれば、追加料金も不要ですし、翌月も足りなくなりそうであればプラン変更することもできるのでとってもお得なサービスです。

この記事では、nuroモバイルのデータ前借りについて、活用方法や注意点を詳しく解説します。

データ前借りサービスとは?

nuroモバイルのデータ前借りサービスとは、翌月分の高速通信容量から1MB単位で前借りできるサービスです。

動画閲覧などで「今月は高速通信の容量を使い果たしてしまった・・・。」という経験が多いかもしれません。
そんな時、これまでの格安SIMでは、容量追加で対処をするのが一般的でした。

しかし、これまでの格安SIMの容量追加料金は、1GBあたり1000円程度と割高です。
そのため、3GB以上の容量追加なら、データ通信専用のSIMをもう一つ契約した方が安いと考えるユーザーが多いのが正直なところでした。

そんな中で「もう少しだけ容量を追加したい」というニーズに応えるために登場したのが、nuroモバイルのデータ前借りサービスです。

nuroモバイルのデータ前借りサービスには、次のような特徴があります。

10MB以上の1MB単位で前借りできる

nuroモバイルのデータ前借りサービスで前借りできるのは、10MB以上の最大は2GBまでで1MB単位です。

前借りの回数制限はなく、手数料も発生しません。
1MB単位という細かい単位で前借りできるため、11MBなどの単位で、もう少しだけ容量が必要な時に最適です。

月末前日まで何度も前借りできる

nuroモバイルのデータ前借りサービスで前借りできる期間は、当月の最終日の前日までです。
例えば、1月の場合、1月31日が当月の最終日となるので、その前日の30日までなら最大2GBまで何度でも容量の前借りができます。

当月の容量から消費される

nuroモバイルのデータ前借りサービスで、当月の容量が残っているうちに翌月の容量から前借りをした場合、当月の容量を使い切ってから前借りした翌月の容量を消費するシステムです。

前借りした容量が余っても翌月に使える

前借りした容量を月末までに消費できなかったとしても、翌月の容量として繰越で使えて安心です。

容量が余っても無駄にならないシステムなのが嬉しいですね。

データ前借りサービスの利用方法

nuroモバイルのデータ前借りサービスの利用方法はすごく簡単です。

1. nuroモバイルの「ご利用者向けページ」を開いてログインIDとパスワードを入力してからログインし、下部にある「データ前借り」をタップします。

2. 前借りしたい容量を数値で入力して「確認」をタップします。前借りできる容量は「10MB〜2GB」で「1MB単位」です。

3. 入力した前借りデータ容量を確認したら手続き終了です。

データ前借りサービス活用方法

・動画閲覧などで15MBなどの少量の容量をチャージしたい時
・その月によって高速通信容量の使用量が違う時
・追加料金なしで容量をチャージしたい時
・無駄なく毎月の高速通信容量を使いたい時
・無料音声通話でもう少しだけ高速通信の容量が必要な時

このように高速通信の利用で容量があと少しだけ足りない時に、nuroモバイルのデータ前借りサービスが便利です。