【mineo(マイネオ)】顧客満足度No.1!メリット・デメリットまとめ

mineo(マイネオ)は、顧客満足度No.1の超おすすめ格安SIMです。
(出典:MMD研究所「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」

「マイネ王」という独自のコミュニティサイトを運営し、ユーザーと積極的に交流するmineo(マイネオ)は、ユーザーファーストの嬉しいサービスが充実しています。

mineo(マイネオ)について、メリットとデメリットをまとめました。

ユーザー同士で容量をシェアできる

mineo(マイネオ) フリータンク

mineo(マイネオ)は、「マイネ王」という独自のコミュニティサイトを運営しており、ユーザーに嬉しい様々なサービスを提供しています。

マイネ王のサービスの中でも特におすすめなのが、「フリータンク」というユーザー同士で容量をシェアできるサービスです。

mineo(マイネオ)は、余った容量は翌月に繰り越すことができますが、それでも使い切れなかった容量をフリータンクに入れることができます。

フリータンクにはそうやってユーザーから集められた容量が貯まっており、逆に容量が足りない時には、フリータンクから1GBまで引き出すことができます。

他の格安SIMですと、容量がなくなったら追加で購入するしかありません。

しかし、容量を追加購入すると1GB当たり1,000円とかで割高なので、速度制限されたまま我慢して使っている方も多いですよね。

でも、mineo(マイネオ)ならフリータンクから1GB引き出すことができるので、そのようなストレスがありません。

他の格安SIMにはない大助かりのサービスですので、mineo(マイネオ)を契約したらぜひフリータンクを活用しましょう♪

Q&Aで疑問やトラブルを解決できる

マイネ王のもう一つのおすすめサービスが、「Q&A」というYahoo!知恵袋のようなサービスです。

格安SIMやmineo(マイネオ)に関する疑問やトラブルを気軽に相談できるサービスで、他のユーザーから回答をもらえます。

自分で質問しなくても、毎日10件以上の質問が寄せられているので、過去のQ&Aを見るだけでもたいていのことは解決できます。

mineo(マイネオ)にはもちろん公式サポートもありますが、「おすすめのアプリを教えて」というような、公式サポートでは質問しづらいことも聞けるのがQ&Aのメリットです。

また、Q&Aも含めて、マイネ王はmineo(マイネオ)ユーザーでなくても見ることができますので、mineo(マイネオ)を契約する前に、マイネ王を一度のぞいてみるのもおすすめです。

mineo(マイネオ)の料金プラン

大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からmineo(マイネオ)の格安SIMに乗り換えると、月々のスマホ代を4,000~5,000円安くすることも可能です。

例えば、大手通信キャリアではデータ容量5GBのプランで7,000~8,000円かかりますが、mineo(マイネオ)なら6GBプランで月額2,190円です。

月額850円の10分かけ放題オプションを付けても月額3,040円ですので、大手通信キャリアの半額以下です。

mineo(マイネオ)は、ドコモプラン(Dプラン)とauプラン(Aプラン)を選ぶことができるのもメリットの一つです。

それぞれ通信エリアがドコモ・auと同じですので、ご自宅周辺で電波が入りやすい方をお選びください。

ドコモプラン(Dプラン)料金表

容量 通話SIM データSIM
500MB 1,400円 700円
1GB 1,500円 800円
3GB 1,600円 900円
6GB 2,280円 1,580円
10GB 3,220円 2,520円
20GB 4,680円 3,980円
30GB 6,600円 5,900円

※税抜き価格。

auプラン(Aプラン)料金表

容量 通話SIM データSIM
500MB 1,310円 700円
1GB 1,410円 800円
3GB 1,510円 900円
6GB 2,190円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円
20GB 4,590円 3,980円
30GB 6,510円 5,900円

※税抜き価格。
 

通話料については、「mineoでんわ」という専用アプリから電話をかけるだけで、大手通信キャリアの半額の10円/30秒となります。

また、10分以内の国内通話を何回でもかけられる「10分かけ放題」を、月額850円でオプション追加することができます。

通話が多い方にもおすすめの格安SIMですので、ぜひご検討ください♪

mineo(マイネオ)の通信速度

当サイトでは、mineo(マイネオ)の実際の通信速度を測って調査しておりますが、2018年1月25日(木)の測定結果(下り速度)がこちらです。

測定場所 時間 Dプラン Aプラン
飯田橋 10時台 29.73Mbps 27.28Mbps
渋谷 12時台 1.03Mbps 0.19Mbps
六本木 15時台 14.66Mbps 14.55Mbps
新橋 18時台 4.31Mbps 7.55Mbps
新宿 20時台 80.93Mbps 28.23Mbps
池袋 22時台 34.85Mbps 23.72Mbps

インターネットを快適に利用できる通信速度の目安は4Mbpsですが、12時台を除いては非常に快適な通信速度が出ています。

12時台はお昼休みに入る時間のため、ネットへのアクセスが急増して回線が混み合い、格安SIMの通信速度は遅くなってしまう傾向にあります。

mineo(マイネオ)も他の格安SIMと同様に、12時台の通信速度は遅くなってしまうのでご注意ください。

帰宅ラッシュが始まる18時台も回線が混み合いますが、この時間は4Mbps以上の快適な通信速度が出ていました。

他の格安SIMですと、18時台も1Mbpsぐらいまで通信速度が低下してしまうことがありますので、mineo(マイネオ)は非常に優秀な結果です。

全体的に、mineo(マイネオ)はDプランもAプランも、他の格安SIMと比較して通信速度は速い方でした。

当サイトの調査結果がすべてではありませんが、mineo(マイネオ)は通信速度の面でもおすすめの格安SIMです。

より詳しい調査結果については、こちらの記事で公開しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

※通信速度は時間や場所などの環境によって変化しますので、当サイトの調査結果はあくまでも参考程度にとどめてください。

mineo(マイネオ)のメリット

mineo(マイネオ)はフリータンクやQ&Aの他にも、便利なサービスやメリットがあります。

mineoスイッチで容量を節約

mineo(マイネオ)は、高速通信と低速通信を簡単に切り替えることができます。

「mineoスイッチ」という機能で、節約モードをONにすると最大200kbpsの低速通信に切り替わります。

節約ONの状態ではデータ通信量が消費されないため、容量を節約することができます。

LINEやTwitterなどのSNSを見たり、ネット配信の音楽を聴いたりするぐらいなら、低速通信でも問題なく楽しめます。

普段は節約ONの状態で低速通信にしておいて、必要な時だけ高速通信に切り替えるようにすれば、容量をかなり節約できます。

スマホのアプリからワンタッチで切り替えられるのでとても便利です。

iPhone利用者シェアNo.1

iPhoneを格安SIMで利用している方に一番選ばれているのがmineo(マイネオ)です。
(出典:MMD研究所「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」

mineo(マイネオ)はiPhone X/8/8 Plusをはじめ、ほとんどのiPhoneに対応しています。

ドコモ回線だけでなくau回線も選べるので、auユーザーからの乗り換えが多いことも、iPhone利用者シェアNo.1につながっていると思います。

また、mineo(マイネオ)はiPhoneに限らず、動作確認されている端末が非常に多いです。

今お使いのスマホをそのまま格安SIMで利用したい方は、mineo(マイネオ)で動作確認されているかチェックしてみてください。

ユーザーの解約率が非常に低い

mineo(マイネオ)は、2017年7月から12月にかけての解約率が、なんとたったの1.11%だったそうです。
(※出典:2018年 mineo事業説明会「記者発表資料」

mineo(マイネオ)をおすすめする一番の理由は、やはり顧客満足度No.1の格安SIMであることです。

「MMD研究所」が実施した「2018年3月格安SIMサービスの満足度調査」で、なんとmineo(マイネオ)ユーザーの85.4%が満足していると回答し、不満と回答した人の割合はわずか0.7%でした。

この調査結果については、格安SIM満足度ランキングとしてまとめておりますので、気になる方はこちらの記事もご覧ください。


 

大手通信キャリアから格安SIMに乗り換えると、スマホ代は大幅に安くなりますが、通信速度などが不満で後悔してしまう人も少なからずいます。

mineo(マイネオ)なら、料金がお得で通信速度が快適なのはもちろん、他の格安SIMにはない独自のサービスが充実しています。

ユーザーのことを第一に考えたサービスが評価されているからこそ、顧客満足度No.1を獲得できたのだと思います。

間違いなくおすすめの格安SIMですので、ぜひmineo(マイネオ)をご検討ください♪

mineo(マイネオ)のデメリット

LINEのID検索ができない

mineo(マイネオ)の一番大きなデメリットは、LINEのID検索ができないということです。

実は、mineo(マイネオ)に限らず、格安SIMではLINEの年齢認証ができないため、LINE ID検索を利用することができません。

その理由は、LINEの年齢認証が、大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のマイページ情報と連動して行う仕組みだからです。

格安SIMでLINEのID検索ができるのは、LINEグループであるLINEモバイルと、「My SoftBank」を利用するワイモバイルだけです。

そのため、格安SIMでもLINEのID検索ができないと困るという方は、LINEモバイルかワイモバイルをご検討ください。

しかし、LINEの年齢認証ができなくても、パソコン版のLINEを使えばID検索が可能です。

また、「招待」という機能を使えば、遠くにいる友人とLINEの連絡先を交換することもできます。

そのため、スマホでLINEのID検索ができなくても、そこまで不便ではないかと思いますので、mineo(マイネオ)でも問題ないかと思います。

キャリアメールが使えなくなる

格安SIMに乗り換えると、「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが使えなくなってしまいますのでご注意ください。

大手通信キャリアを解約するわけですから当然ですよね。

そのため、格安SIMではGmailやYahoo!メールなどのフリーアドレスを使ってメールのやり取りをします。

そしてmineo(マイネオ)なら、「@mineo.jp」という独自のメールアドレスを無料で取得することも可能です。

キャリアメールが使えなくなっても、まったく不便することはありませんのでご安心ください。

リアル店舗が少ない

mineo(マイネオ)は、大手通信キャリアのようにリアル店舗は多くありません。

家電量販店の一部でも取り扱いはありますが、基本的にネットや電話でのサポートとなります。

そのため、何かあった時に店舗でスタッフに直接相談したいという方にはおすすめしません。

しかし、電話窓口は年中無休で夜9時まで受け付けしておりますし、オンラインチャットでもリアルタイムで問い合わせることができます。

さらに、マイネ王のQ&Aでもわからないことやトラブルを相談できるので、mineo(マイネオ)はサポート体制も十分です。

安心して長く利用できる格安SIMですので、ぜひmineo(マイネオ)をご検討ください♪

mineo(マイネオ)のおすすめポイントまとめ

  • 顧客満足度No.1の格安SIMで、解約率はたったの1.11%。
  • プラン容量が余っても、翌月まで繰り越せる。
  • それでも余ってしまった容量は、フリータンクに入れられる。
  • 容量が足りない時には、フリータンクから1GBまで引き出せる。
  • Q&Aでわからないことやトラブルを気軽に相談できる。
  • 公式サポートも、電話窓口は年中無休で夜9時まで受付で安心。
  • オンラインチャットでも、リアルタイムで問い合わせできる。
  • mineoスイッチでデータ通信量の節約も簡単にできる。
  • ドコモ回線とau回線のプランを選ぶことができる。
  • 通信エリアはそれぞれドコモ・auと同じだから安心。
  • 通話料が半額の30秒10円、10分かけ放題も月額850円でお得。
  • 動作確認端末が多く、iPhone利用者シェアはNo.1。

関連記事

  1. mineo(マイネオ)最新キャンペーン情報【2018年春に100万回線…

  2. mineo(マイネオ)のAPN設定は簡単?実際の設定手順を画像付きで解…

  3. mineo(マイネオ)のリアルな評判は?ユーザーに直接聞いた口コミを紹…

  4. mineo(マイネオ)の通信速度を徹底調査【東京・横浜・福岡での測定結…

  5. 【日経電子版+SIM】就活におすすめの格安SIM!メリット・デメリット…

PAGE TOP