【LINEモバイル】LINE ID検索もできる!メリット・デメリットまとめ

LINEモバイルは、MVNOでただ一つ、LINEのID検索もできる格安SIMです。

また、LINE・Facebook・Twitter・Instagramが使い放題になる「カウントフリー」も魅力で、SNSの利用が多い方におすすめの格安SIMです。

LINEモバイルについて、メリットとデメリットをまとめました。

LINE ID検索ができる

LINEモバイルのメリットの一つが、LINE ID検索ができることです。

実は、格安SIMでLINEのID検索ができるのは、LINEモバイルとワイモバイルだけです。

LINEでID検索をするには年齢認証が必要ですが、LINEの年齢認証は大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のマイページ情報と連動して行います。

そのため、格安SIMではLINEの年齢認証ができず、ID検索も利用できません。

LINEモバイルは、LINEグループの格安SIMですので、お客様情報と連動して年齢認証が可能です。

また、ワイモバイルはソフトバンクと同じ「My SoftBank」を利用できるので、大手通信キャリアと同じように年齢認証が可能です。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドですので、MVNOの格安SIMでLINEのID検索もできるのはLINEモバイルだけとなります。

格安SIMに乗り換えた方の中には、LINE ID検索ができなくて後悔してしまう方も非常に多いです。

LINEのID検索ができないと、遠くにいる友人とLINEを交換する時に困りますよね。

LINEモバイルならそのようなこともなく安心ですので、たまにでもLINE ID検索を使うことがある方は、LINEモバイルがおすすめです。

SNSがカウントフリーで使い放題

LINEモバイルのもう一つのメリットは、カウントフリーで対象サービスのデータ消費量がゼロになることです。

LINEモバイルには、「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」の3つの料金プランがあります。

「LINEフリープラン」は、LINEアプリがカウントフリー対象で、LINEの送受信や通話、LINEニュースの閲覧などにかかるデータ通信量がゼロになります。

「コミュニケーションフリープラン」は、LINEの他にFacebook・Twitter・Instagramのデータ通信量がゼロになります。

「MUSIC+プラン」は、さらにLINE MUSICのデータ通信量もゼロになる料金プランです。

カウントフリー対象サービス一覧

プラン名 カウントフリー対象
LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリープラン LINE、Facebook、Twitter、Instagram
MUSIC+プラン LINE、Facebook、Twitter、Instagram、LINE MUSIC

一番人気のある料金プランは「コミュニケーションフリープラン」です。

特にInstagramのような画像をアップしたり読み込んだりするアプリは、データ消費量も大きいので容量を大幅に節約できます。

また、容量を使い切って速度制限された状態でも、SNSは高速通信のまま利用できるので快適です。

LINEモバイルは、SNSをよく利用される方におすすめの格安SIMです。

LINEモバイルの料金プラン

大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からLINEモバイルの格安SIMに乗り換えると、月々のスマホ代を4,000~5,000円安くすることも可能です。

例えば、大手通信キャリアではデータ容量5GBのプランで7,000~8,000円かかりますが、LINEモバイルなら5GBプランで月額2,220円です。

しかも、カウントフリーでLINE・Facebook・Twitter・Instagramのデータ通信量がゼロになるので、実質5GB以上の容量を使うことができます。

LINEフリープラン料金表

通信容量 通話SIM データSIM
1GB 1,200円 500円

※税抜き価格。

コミュニケーションフリープラン料金表

通信容量 通話SIM データSIM
3GB 1,690円 1,110円
5GB 2,220円 1,640円
7GB 2,880円 2,300円
10GB 3,220円 2,640円

※税抜き価格。

MUSIC+プラン料金表

通信容量 通話SIM データSIM
3GB 2,390円 1,810円
5GB 2,720円 2,140円
7GB 3,280円 2,700円
10GB 3,520円 2,940円

※税抜き価格。
 

LINEモバイルは通話料もお得で、「いつでも電話」というアプリから電話をかけると、通話料が大手通信キャリアの半額の10円/30秒となります。

さらに、月額880円で10分電話かけ放題オプションも付けられるので、通話が多い方にもおすすめです。

また、LINEモバイルはドコモの回線を利用する格安SIMですので、通信エリアはドコモと同じで安心です。

大手通信キャリアの半額以下の料金で利用できて、通話品質もまったく問題ないので、LINEモバイルへの乗り換えがおすすめです。

LINEモバイルの通信速度

当サイトでは、LINEモバイルの実際の通信速度を測って調査しておりますが、2018年1月25日(木)の測定結果がこちらです。

測定場所 時間 下り速度 上り速度
飯田橋 10時台 23.73Mbps 28.58Mbps
渋谷 12時台 1.26Mbps 9.06Mbps
六本木 15時台 15.51Mbps 17.07Mbps
新橋 18時台 1.98Mbps 21.91Mbps
新宿 20時台 11.09Mbps 33.74Mbps
池袋 21時台 11.46Mbps 23.96Mbps

インターネットを快適に利用できる通信速度の目安は4Mbpsですが、12時台と18時台を除いては、10Mbps以上の非常に快適な通信速度が出ています。

格安SIMの通信速度は、回線が混み合うと低下してしまい、1Mbpsを下回ることもあります。

LINEモバイルは、お昼休みの12時台と帰宅ラッシュが始まる18時台でも1Mbps以上の通信速度が出ていました。

1MbpsあればYouTubeも再生できるぐらいの通信速度ですので、通常のインターネット利用は問題ありません。

当サイトの調査結果がすべてではありませんが、LINEモバイルの通信速度は、他の格安SIMと比較しても速いです。

格安SIMに乗り換えるに当たって、通信速度は非常に気になるところですよね。

LINEモバイルなら通信速度も問題ないかと思いますので、ぜひご検討ください♪

また、LINEモバイルの通信速度の詳しい調査結果については、こちらの記事で公開しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

※通信速度は時間や場所などの環境によって変化しますので、当サイトの調査結果はあくまでも参考程度にとどめてください。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットは、LINE ID検索ができる、カウントフリーでSNSが使い放題、ということ以外にもまだあります。

フィルタリングアプリが無料

LINEモバイルは、出会い系やSNSによる被害、高額請求などのネットの危険からお子さまを守る、「フィルタリングアプリ」を無料で利用できます。

利用者が18歳未満の場合は、フィルタリングアプリの利用が義務付けられていますので安心です。

フィルタリングアプリを利用すると、有害なサイトをブロックしたり、スマホの長時間利用を防止したりすることができます。

LINEモバイルは、データSIMでもLINEが使い放題で、LINEフリープランなら月額500円で利用できます。

家族や友人との連絡だけなら、LINEが使えれば十分ですよね。

フィルタリングアプリも無料で利用できて安心ですので、LINEモバイルは、お子さまに持たせるのにもおすすめの格安SIMです。

クレジットカードがなくても申し込める

月々の利用料金をクレジットカード決済でしか支払えない格安SIMも多いですが、LINEモバイルはクレジットカードがなくても申し込むことができます。

LINEモバイルは、料金のお支払い方法として、「LINE Pay カード決済」を選択することができます。

LINE Pay カードとは、LINEモバイル独自のプリペイドカードです。

銀行引き落としや、コンビニで現金チャージすることもできるので、クレジットカードがなくても使えます。

クレジットカードをお持ちでない方や、現金で支払いたい方も、LINEモバイルなら大丈夫です。

LINEアプリを活用したサービスが便利

LINEモバイルは、利用明細やデータ残量の確認を、LINEアプリから簡単に行うことができます。

お問い合わせもLINEのトークを使ってできるので、何かわからないことやトラブルがあっても安心です。

家族や友人とデータ通信量をシェアできる「データプレゼント」も、LINEアプリから簡単にできます。

このように、LINEアプリを活用したサービスがとても便利で使いやすいのも、LINEモバイルのおすすめポイントです。

LINEモバイルのデメリット

キャリアメールが使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えると、「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールが使えなくなってしまいますのでご注意ください。

LINEの普及でメールを使う機会も少なくなりましたが、サービスの登録やメルマガの購読などにメールアドレスが必要ですよね。

LINEモバイルに限らず、格安SIMの場合はGmailやYahoo!メールなどのフリーアドレスを使用します。

フリーアドレスでも、キャリアメールと同じように普通に使えるので、まったく問題ないと思います。

どうしてもキャリアメールがいいという方もいるかもしれませんが、そのために高い通信費を払い続けるのは馬鹿らしいですよね。

むしろフリーアドレスの方が、スマホでもパソコンでも確認できて便利ですので、さっさと取得してLINEモバイルに乗り換えちゃいましょう♪

リアル店舗が少ない

LINEモバイルは、家電量販店などで取り扱っている店舗もありますが、大手通信キャリアのようにあちこちにショップがあるわけではありません。

そのため、何かあった時に店舗でスタッフに直接相談したいという方にはおすすめしませんし、そういう方は格安SIM自体が向いてないと思います。

LINEモバイルのサポートは、LINEアプリからの問い合わせの他に、お電話でのお問い合わせも可能です。

ある程度のことは自分で調べて解決できるような方であれば、サポート面でもまったく問題ありません。

大手通信キャリアの料金が高いのは、店舗の維持費用やサポートにかかる人件費などにお金をかけていることも、一つの要因としてあります。

店舗でのサポートがなくても、スマホ代が半額以下になる格安SIMの方がダンゼンおすすめです。

SNSを利用しない方にはメリットがない

LINEモバイルに興味がある方でそんな人はいないと思いますが、LINEアプリを使っていない方には、LINEモバイルはまったくメリットがありません。

また、Facebook・Twitter・Instagramを利用していない方も、カウントフリーのメリットがないので、他の格安SIMでもいいかと思います。

しかし、LINE ID検索ができないと困るという方は、MVNOではLINEモバイル一択です。

LINE ID検索については、自分では必要ないと思っていても、相手が困ってしまうことがあります。

LINEの年齢認証ができないと、LINE IDの設定もできないため、相手が自分を検索することができません。

やはりLINEのID検索ができるに越したことはありませんので、ぜひLINEモバイルをご検討ください♪

LINEモバイルのおすすめポイントまとめ

  • MVNOの格安SIMでただ一つ、LINEのID検索ができる。
  • LINE・Facebook・Twitter・Instagramが使い放題。
  • ネットの危険からお子さまを守るフィルタリングアプリが無料。
  • LINE Pay カード決済も可能で、クレジットカードがなくてもOK。
  • LINEアプリを活用したサービスが便利で使いやすい。
  • データプレゼントで家族や友人とデータ通信量をシェアできる。
  • プラン容量が余っても、翌月まで繰り越せるから無駄なく使える。
  • 通話料が半額の30秒10円、10分かけ放題も月額880円でお得。
  • ドコモ回線を利用しているため、通信エリアもドコモと同じで安心。
  • iPhoneも利用可能で、iPhone X/8/8 Plusにも対応している。

関連記事

  1. LINEモバイルの料金プランを徹底比較!他の格安SIMと比べてもお得?…

  2. LINEモバイルは毎月プラン変更OK!プラン変更できないのはどんな時?…

  3. LINEモバイルの通信速度は本当に遅い?東京・横浜・福岡で徹底調査!

  4. LINEモバイルのAPN設定と初期設定の方法をわかりやすく解説

  5. LINEモバイルの支払い方法は?クレジットカードなしでも申し込める?

  6. LINEモバイル最新キャンペーン情報【2018年春はぜーんぶゼロで選べ…

格安SIMランキング

PAGE TOP