【DMMモバイル】料金は業界最安値?メリット・デメリットまとめ

DMMモバイルは、スバリ安さが魅力の格安SIMです。

徹底したコスト削減で業界最安値を目指しており、スマホ代を少しでも安くしたい方におすすめです。

DMMモバイルのメリットとデメリットをまとめました。

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの料金プランは、「シングルコース」「シェアコース」の2種類があります。

1人1枚で申し込む場合はシングルコース、格安SIMを複数の端末で利用したい場合や、家族で申し込む場合はシェアコースをお選びください。

シングルコース料金表

容量 通話SIM データSIM
0GB 1,140円 440円
1GB 1,260円 480円
2GB 1,380円 770円
3GB 1,500円 850円
5GB 1,910円 1,210円
7GB 2,560円 1,860円
8GB 2,680円 1,980円
10GB 2,890円 2,190円
15GB 3,980円 3,280円
20GB 4,680円 3,980円

※税抜き価格。

シングルコースは、他の格安SIMと同じように、月間のデータ通信容量で選べる料金プランです。

特におすすめは3GB・5GB・10GBのプランで、他の格安SIMよりも安くてお得感が大きいです。

他の格安SIMですと、3GBプランは1,600円ぐらいが相場で、5GBプランは2,000円以上、10GBプランは3,000円以上するのが普通です。

DMMモバイルは、格安SIMでスマホ代を少しでも安く抑えたい方におすすめです

シェアコース料金表

DMMモバイルのシェアコースは、格安SIMが3枚セットになったコースです。

通話SIMとデータSIMの枚数によって料金が異なるので、格安SIMの使い方に合わせてぴったりのプランをお選びください。

8GB 10GB 15GB 20GB
通話SIM×3枚 4,080円 4,290円 5,380円 6,080円
通話SIM×2枚 + データSIM×1枚 3,380円 3,590円 4,680円 5,380円
通話SIM×1枚 + データSIM×2枚 2,680円 2,890円 3,980円 4,680円
データSIM×3枚 1,980円 2,190円 3,280円 3,980円

※税抜き価格。

例えば、家族3人でDMMモバイルに乗り換えるなら、「通話SIM×3枚」をお選びください。

夫婦2人で乗り換えて、共有しているタブレット用にデータSIMを利用したい方は、「通話SIM×2枚 + データSIM×1枚」がおすすめです。

1人でスマホ・タブレット・ゲーム機の3台で格安SIMを使いたい場合は、「通話SIM×1枚 + データSIM×2枚」がぴったりです。

別々に契約するよりも料金がお得になりますので、複数の格安SIMを契約したい方はぜひDMMモバイルのシェアコースをご検討ください。

DMMモバイルの通信速度

当サイトでは、DMMモバイルの実際の通信速度を測って調査しています。

こちらが、2018年1月25日(木)に東京都内で測定した結果です。

測定場所 時間 下り速度 上り速度
飯田橋 10時台 20.01Mbps 12.12Mbps
渋谷 12時台 0.72Mbps 9.58Mbps
六本木 15時台 14.07Mbps 29.29bps
新橋 18時台 2.85Mbps 22.40Mbps
新宿 20時台 14.46Mbps 19.48Mbps
池袋 21時台 25.82Mbps 18.28Mbps

DMMモバイルは、12時台を除けば通信速度も十分で、快適にインターネットを楽しむことができます。

12時台の通信速度が遅くなってしまうのはどの格安SIMでも同じですので、格安SIMに乗り換えるなら割り切るしかありません。

他の格安SIMと比較して突出して速いというわけではありませんが、格安SIMの通信速度としては十分かと思います。

詳しい測定結果については、こちらの記事で詳しく公開しておりますので、DMMモバイルの通信速度が気になる方はぜひご覧ください。

※通信速度は時間や場所などの環境によって変化しますので、当サイトの調査結果はあくまでも参考程度にとどめてください。

DMMモバイルのメリット

安くて豊富な料金プラン

DMMモバイルは、月額料金が安くて豊富なのが一番のメリットです。

プラン容量も細かく設定されているので、自分の使い方に合わせてぴったりのプランを選ぶことができます。

スマホ代を少しでも安くしたい方におすすめの格安SIMです。

シェアコースで複数SIMの利用もお得

複数の格安SIMを利用したい方は、DMMモバイルのシェアコースがお得です。

例えば、家族3人でDMMモバイルに乗り換える場合、それぞれが月額1,910円の5GBプランを契約すると、月額料金は家族3人で5,730円です。

シェアコースの15GBプランであれば、通話SIM×3枚で月額5,380円ですので、毎月350円、1年間で4,200円もお得です。

DMMモバイルは、複数の格安SIMを契約したい方にもおすすめです。

バースト転送で低速通信でも快適

DMMモバイルは、低速通信でも最初の一定量は高速通信になる「バースト転送」という機能があります。

ニュース記事やSNSなどの閲覧であれば、低速通信でも読み込みが速いです。

月間の通信容量を使い切ってしまうと、速度制限でかなりストレスを感じますが、バースト転送があれば安心ですね。

DMMモバイルのデメリット

LINEのID検索ができない

実は、格安SIMでLINE ID検索ができるのは、LINEモバイルとワイモバイルだけです。

格安SIMのデメリットとしてあまり知られていないため、格安SIMへの乗り換えを後悔してしまう人が多いポイントです。

LINEでID検索をするには年齢認証が必要ですが、LINEの年齢認証は、大手通信キャリアのマイページ情報と連動して行うため、DMMモバイルなどの格安SIMではできません。

しかし、LINEの年齢認証ができなくても、パソコン版のLINEを使えばID検索が可能です。

また、相手のメールアドレスか電話番号がわかれば、招待という機能でLINEの連絡先を交換することもできます。

そのため、DMMモバイルでもそこまで不便ではないかと思いますが、どうしてもスマホでLINE ID検索をしたい方は、LINEモバイルかワイモバイルの2択となります。

こちらの記事で両社を比較しておりますので、LINE ID検索ができないと困るという方はぜひ参考にしてください。

キャリアメールが使えない

DMMモバイルに乗り換えると、「@docomo.ne.jp」といったキャリアメールは使えなくなってしまいます。

しかし、GmailやYahoo!メールなどのフリーアドレスを使って、スマホでもメールの送受信ができるのでまったく問題ありません。

むしろフリーアドレスの方が、スマホでもパソコンでもメールできるので、キャリアメールより便利です。

メルマガやサイトの登録も問題なくできますのでご安心ください。

リアル店舗がない

DMMモバイルは、徹底したコスト削減で業界最安値を目指している格安SIMですが、そのコスト削減策の一つが、リアル店舗を持たないことです。

大手通信キャリアの料金が高いのは、全国各地にショップを設け、店舗運営費や人件費にお金をかけていることも一つの要因です。

何かあった時に店舗でスタッフに相談したいという方には向きませんが、リアル店舗がなくてもいいからスマホ代を安くしたいという方はDMMモバイルにお乗り換え下さい。

実際、私は2年近く格安SIMを利用していますが、店舗がなくて困ったことなんて一度もありません。

ソフトバンクを利用していた頃も、契約の時以外でショップに行ったことはありませんし、皆さんも意外とそんなもんではないでしょうか。

サポートが不安だとか言わずに、さっさと格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約しましょう♪

DMMモバイルのおすすめポイントまとめ

  • 料金プランが安くて豊富。
  • シェアコースで複数SIMの利用もお得。
  • 月額850円で10分かけ放題もオプション追加できる。
  • バースト転送で低速通信でも快適。
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越せる。

関連記事

  1. DMMモバイルのAPN設定と初期設定の方法をわかりやすく解説

  2. DMMモバイルのリアルな評判は?ユーザーに直接聞いた口コミを紹介

  3. DMMモバイルの通信速度を徹底調査【東京・横浜・福岡での測定結果】

格安SIMランキング

PAGE TOP