格安SIMでLINEのID検索ができないのですが、どうすればいいですか?

格安SIMのデメリットとして意外と知られていないのが、「LINEのID検索ができない」ということです。

実際に、格安SIMに乗り換えた後に気付いて、「LINEのID検索ができないのですが、どうすればいいですか?」というご質問を頂くことも多いです。

残念ながら、LINEモバイルとワイモバイル以外の格安SIMではLINEのID検索ができないのですが、対策はあります!

この記事では、格安SIMでLINEのID検索ができない理由と、できない場合の対策についてわかりやすく解説します。

格安SIMでLINEのID検索ができない理由

格安SIMでLINEのID検索ができないのは、格安SIMではLINEの「年齢認証」ができないからです。

LINEの年齢認証は、大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に登録しているお客様情報をもとに行います。

例えば、ドコモユーザーがLINEの年齢認証をする時は、一旦ドコモのマイページ「My docomo」にログインすることで完了します。

しかし、格安SIMでは、dアカウントを持っていても下記のようなメッセージが出てしまい、年齢認証をすることができません。

dアカウントを持っていてもドコモの電話番号でないとLINEの年齢認証ができない

このように、格安SIMではLINEの年齢認証ができないため、ID検索も利用できなくなってしまいます。

実際にID検索しようとすると、以下のようなメッセージが出てしまいます。

年齢認証せずにLINEのID検索をしようとした時の画面

IDだけならまだしも、電話番号でも検索できなくなってしまうのは、遠くにいる友人を追加するのに不便ですよね。

ワイモバイルとLINEモバイルなら年齢認証可能

格安SIMでも、ワイモバイルとLINEモバイルであれば年齢認証が可能です。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ「My SoftBank」を利用できるので、「My SoftBank」にログインすることで年齢認証することができます。

LINEモバイルの場合は、LINEモバイルの契約情報から年齢認証ができます。

そのため、ワイモバイルとLINEモバイルのどちらかであれば、LINEのID検索も利用することができます。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順

①LINEを開いて、右下の「・・・」をタップして、右上の設定アイコンをタップします。
※端末は「iPhone SE」を使用しております。機種によって画面は異なります。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順1


②設定メニュー内の「年齢確認」をタップします。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順2


③「年齢認証結果」をタップします。認証前のステータスは「不明」となっております。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順3


④「年齢確認を行いますか?」というメッセージが表示されたら、「年齢確認」をタップします。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順4


⑤「My SoftBank 認証」のログイン画面が表示されるので、電話番号とパスワードを入力してログインします。
※「My SoftBank」への登録がまだの場合は、「パスワードを忘れた方」から登録することができます。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順5


⑥「注意事項を確認しました」にチェックを入れて、「同意する」をタップします。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順6


⑦以上で年齢認証は完了です。ステータスが「ID検索可」となり、LINEのID検索が利用できるようになります。

ワイモバイルでLINEの年齢認証をする手順7

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順

①LINEを開いて、右上の「・・・」をタップして、すぐ上の設定アイコンをタップします。
※端末はHUAWEI「honor 9」を使用しております。機種によって画面は異なります。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順1


②設定メニュー内の「年齢確認」をタップします。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順2


③「年齢認証結果」をタップします。認証前のステータスは「未確認」となっております。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順3


④「LINEモバイルをご契約の方」をタップします。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順4


⑤LINEモバイルでは「利用コード」で年齢確認を行います。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順5

利用コードはLINEモバイルのマイページの「契約情報」で確認できます。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順6


⑥LINEモバイルの「利用コード」を入力して、「次へ進む」をタップします。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順7


⑦「通知を許可する」をタップします。LINEに年齢確認しましたよという通知が行くそうです。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順8


⑧以上で年齢認証は完了です。「ID検索可」というステータスに変わります。

LINEモバイルでLINEの年齢認証をする手順9

ID検索ができない場合の対策

ワイモバイルとLINEモバイル以外の格安SIMでは、LINEの年齢認証ができないため、ID検索ができません。

しかし、年齢認証ができなくても、遠くにいる人を友だち追加する方法は2つあります。

既に格安SIMに乗り換えてしまった方も、ぜひ試してみてください。

パソコン版のLINEからID検索をする

LINEにはスマホ版だけではなく、パソコン版のLINEもあります。

普通にトークのやり取りや通話もできるので、Skypeのような使い方ができて便利です。

パソコン版のLINEであれば、年齢認証をしていなくても、ID検索を利用することができます。

パソコンをお持ちの方は、LINE公式サイトから無料でダウンロードできますので、ぜひ使ってみてください。

友だちを自分のLINEに「招待」する

LINEの友だちを追加する方法として、あまり知られていないのが「招待」という機能です。

「招待」とは、自分を友だち追加してもらうためのURLを送信できる機能です。

自分の招待URLをSMSやメールで送信し、受信した相手が招待URLをクリックすることで、相手のLINEに自分が友だち追加されます。

と、言葉で説明してもピンと来ないと思いますので、実際の手順をご紹介いたします。

①LINEを開いて、右上の「・・・」をタップして、「友だち追加」をタップします。
※端末はHUAWEI「honor 9」を使用しております。機種によって画面は異なります。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順1


②左上の「招待」をタップします。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順2


③招待方法(招待URLを送る手段)を選びます。ここでは「SMS」を選択します。
※SMSとは、電話番号でメッセージをやり取りできる「ショート・メッセージ・サービス」のことです。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順3


④追加したい友人の電話番号を選択し、「招待」をタップします。
※電話帳からの選択となりますので、登録がまだの場合は、右上の「+」をタップして電話帳に登録しましょう。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順4


⑤招待URLが表示されますので、メッセージをそのまま送信します。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順5


⑥招待URLを受け取った方は、URLをLINEで開きます。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順6


⑦そうすると友人のLINEに、自分が友だち追加されます。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順7


⑧招待した相手に自分が友だち追加されましたという通知が来ますので、「追加」をタップするとお互いにLINEの友だちとしてつながります。

友だちを自分のLINEに「招待」する手順8

メールアドレスで招待する場合も手順は同じです。

このように、電話番号かメールアドレスがわかれば、遠くにいる友人をLINEの友だちに追加できますので、ID検索ができなくてもそこまで不便はないかと思います。

また、「マイQRコード」の画像を送るという方法もありますが、QRコードを表示する用と読み込む用で2台のスマホが必要となります。

送るのは簡単ですが、相手がそのQRコードを読み込むのが面倒なので、「招待」の方がおすすめです。

どうしてもスマホでLINEのID検索をしたい場合は?

どうしてもスマホでLINEのID検索をしたい場合は、ワイモバイルかLINEモバイルを契約するしかありません。

まだ格安SIMに乗り換えられてない方は、ワイモバイルかLINEモバイルのどちらかをお選びください。

もう既に格安SIMに乗り換えられている場合は、LINEモバイルのデータSIMを契約するという手もあります。

LINEの年齢認証は、一度認証が完了すればアカウントを削除したり、初期化したりしない限り、再認証する必要はありません。

そのため、一時的にLINEモバイルのデータSIMを契約し、LINEの年齢認証が完了したらすぐに解約するという方法で、ID検索も利用できるようになります。

LINEモバイルのデータSIMは、一番安い「LINEフリープラン」で月額たったの500円です。

初期費用で3,400円(登録事務手数料 3,000円 + SIMカード発行手数料 400円)かかりますが、データSIMは最低利用期間がなく、すぐに解約しても違約金はかかりません。

そのため、LINEモバイルのデータSIMを1カ月だけ契約すれば、3,900円(税別)でLINEの年齢認証ができ、ID検索も利用できるようになります。

違約金を払ってLINEモバイルに乗り換えるよりも安く済むので、既に格安SIMをご契約中の方はぜひご検討ください。

ワイモバイルとLINEモバイルのどちらがおすすめ?

ざっくり言うと、品質で選ぶならワイモバイル、料金で選ぶならLINEモバイルがおすすめです。

ワイモバイルはソフトバンクの「サブブランド」と呼ばれる格安スマホで、ソフトバンクとほぼ同じように利用できます。

ソフトバンクと同じ通信エリアで使えて、通信速度がいつでも安定しており、実店舗も多くサポート面も充実しています。

それに対してLINEモバイルは、ドコモの回線を借りている「MVNO」と呼ばれる格安スマホです。

通信エリアはドコモと同じですが、インターネットへのアクセスが混み合う時間帯に通信速度が遅くなってしまい、インターネットへのつながりが悪くなってしまうこともあります。

料金はワイモバイルよりもお得で、普段は快適に利用できますので、料金をより安くしたい方にはLINEモバイルがおすすめです。

また、LINEモバイルには、LINEアプリをデータ消費ゼロで使い放題になる「カウントフリー」という機能があります。

月間の高速通信容量を使い切ってしまっても、LINEアプリのトーク・通話・ニュース閲覧などは高速通信で利用できます。

また、Facebook・Twitter・Instagramもカウントフリーで使い放題となるプランもあります。

LINEをフル活用したい方や、SNSの利用が多い方にも、LINEモバイルは大変おすすめです。