【イオンモバイル】料金プランが安くて豊富!メリット・デメリットまとめ

イオンモバイルは、低価格で豊富な料金プランが魅力の格安SIMです。

全国200店舗以上のイオンでもサポートを受けられるので、スマホ初心者の方にもおすすめです。

イオンモバイルのメリットとデメリットをまとめました。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは、ドコモ回線とau回線を選ぶことができ、どちらも月額料金は同じです。

イオンモバイル料金表

容量 通話SIM データSIM
500MB 1,130円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
4GB 1,580円 980円
6GB 1,980円 1,480円
8GB 2,680円 1,980円
12GB 3,280円 2,680円
20GB 4,680円 3,980円
30GB 6,080円 5,380円
40GB 7,980円 7,480円
50GB 10,800円 10,300円

※税抜き価格。

このようにプラン容量が細かく分かれているので、自分の使い方に合ったプランを選べるのもイオンモバイルのメリットです。

他の格安SIMと比較しても料金がお得で、月額1,580円の4GBプランと、月額1,980円の6GBプランは特に安いです。

人気格安SIMとの料金比較

容量 イオン mineo 楽天 LINE
3GB 1,600円 1,600円 1,690円
4GB 1,580円
5GB 2,150円 2,220円
6GB 1,980円 2,190円

※税抜き価格。

イオンモバイルは、スマホ代を少しでも安くしたい方におすすめです。

また、イオンモバイルは通話もお得で、「イオンでんわ」という専用アプリから電話をかけると、通話料が半額の10円30秒となります。

さらに、月額850円で10分かけ放題も付けられるので、通話が多い方にもおすすめです。

データ通信も通話もお得ですので、ぜひイオンモバイルでスマホ代を大幅に節約しましょう♪

イオンモバイルの通信速度

当サイトでは、イオンモバイルのドコモ回線の格安SIMは、実際の通信速度を測って調査しています。

こちらが、2018年1月25日(木)に東京都内で測定した結果です。

測定場所 時間 下り速度 上り速度
飯田橋 10時台 27.25Mbps 29.83Mbps
渋谷 12時台 1.40Mbps 8.43Mbps
六本木 15時台 12.31Mbps 29.70bps
新橋 18時台 2.89Mbps 17.28Mbps
新宿 20時台 11.76Mbps 30.90Mbps
池袋 22時台 42.49Mbps 26.26Mbps

イオンモバイルの通信速度は、12時台でも1.40Mbpsと十分快適な通信速度が出ていました。

1Mbps以上の通信速度であれば、YouTubeも再生できるレベルですので、たいていのことは問題なくできます。

他の格安SIMですと、12時台は1Mbpsを下回ってしまう場合もありますので、イオンモバイルは非常に優秀です。

18時台も通信速度が低下しますが、その他の時間帯は、大手通信キャリアと比較しても変わりないぐらいの通信速度で、快適にインターネットを利用することができます。

詳しい測定結果については、こちらの記事で詳しく公開しておりますので、イオンモバイルの通信速度が気になる方はぜひご覧ください。

※通信速度は時間や場所などの環境によって変化しますので、当サイトの調査結果はあくまでも参考程度にとどめてください。

イオンモバイルのメリット

料金プランが安くて豊富

イオンモバイルの一番のメリットは、やはり料金プランが他の格安SIMと比較しても安いことです。

また、プラン容量も細かく分かれているので、スマホの使い方に合わせてぴったりのプランを選ぶことができます。

イオンモバイルは、スマホ代を少しでも安くしたい方におすすめの格安SIMです。

全国200店舗以上のイオンでサポートを受けられる

イオンモバイルは、全国のイオン店舗でサポートを受けられるので、スマホ初心者の方でも安心です。

格安SIMはリアル店舗が少なく、ネットや電話でのサポートがメインとなるため、不安な方も多いかと思います。

イオンモバイルなら、何かあった時に店舗で直接相談できるのでおすすめです。

高速通信のON/OFF切り替えが簡単

イオンモバイルは、専用アプリで高速通信のON/OFFを簡単に切り替えることができます。

高速通信をOFFにしておけば、容量の消費がゼロになります。

低速通信でも、LINEのやり取りやSNSの閲覧など最低限のことは問題なくできます。

動画を見るときなど、高速通信が必要な時だけONにすれば、容量を大幅に節約できるのでぜひ活用したいですね。

イオンモバイルのデメリット

LINEのID検索ができない

イオンモバイルに乗り換えると、LINEのID検索ができなくなってしまいます。

LINEでID検索をするには年齢認証が必要ですが、LINEの年齢認証は、大手通信キャリアのマイページ情報と連動して行うため、格安SIMではできません。

しかし、LINEの年齢認証ができなくても、パソコン版のLINEを使えばID検索が可能です。

また、相手のメールアドレスか電話番号がわかれば、招待という機能でLINEの連絡先を交換することもできます。

そのため、イオンモバイルの格安SIMでも、そこまで不便ではないかと思います。

もし、どうしてもスマホでLINE ID検索をしたい方は、格安SIMではLINEモバイルかワイモバイルの2択となります。

こちらの記事で両社を比較しておりますので、LINE ID検索ができないと困るという方はぜひ参考にしてください。

キャリアメールが使えない

デメリットと言うほどでもありませんが、「@docomo.ne.jp」といったキャリアメールは、格安SIMに乗り換えると使えなくなってしまいます。

デメリットと言うほどでもないというのは、格安SIMでもGmailやYahoo!メールを使えば、スマホでもメールの送受信が可能だからです。

スマホでもパソコンでもメールできるので、フリーメールの方がキャリアメールよりもむしろ便利です。

キャリアメールが使えなくなっても、何も困ることはありませんのでご安心ください。

イオンモバイルのおすすめポイントまとめ

  • 料金プランが豊富で、他の格安SIMと比較しても安い。
  • ドコモ回線とau回線を選ぶことができる。
  • 通信エリアもそれぞれドコモ・auと同じで安心。
  • 専用アプリから発信するだけで通話料が10円/30秒になる。
  • 月額850円で10分かけ放題もオプション追加できる。
  • 全国200店舗以上のイオンでサポートを受けられるから安心。
  • 高速通信のON/OFF切り替えで、簡単に容量を節約できる。
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越せる。

関連記事

  1. イオンモバイルの通信速度を徹底調査【東京・横浜・福岡での測定結果】

PAGE TOP